掃除簡単!おすすめのドラム式洗濯槽クリーナーを紹介【塩素系と酸素系の違いも解説】

洗濯槽の洗剤をお探しですか?

  • 酸素系でツンとした匂いがしない
  • 優しい洗剤で赤ちゃんのいる家庭でも安心
  • 石鹸屋さんが作った洗濯槽洗剤
  • シンプルパッケージでオシャレ

ここではそんな洗濯槽洗剤についてレビューします!

目次

木村石鹸という石鹸屋さんが作った洗濯槽洗剤

木村石鹸について

木村石鹸は、大正13年創業の石鹸メーカーです。
今もなお、職人の手作業による“釡焚き”製法によって石鹸の製造を行い、
「洗浄力」「成分の安全性」「使い心地」のバランスがとれた洗剤を開発しています。
日々の掃除が楽しくなるような洗剤であることにも配慮しています。

くらしの調度品店 by木村石鹸HPより 引用

木村石鹸は、手を洗う石けんだけに特化せず、生活に使える様々な洗剤を作っているおもしろい石けんメーカーです。

そ、そこ!?というような細かいところの洗剤も作っています。(スニーカー・上履きの洗浄剤など)

そんな木村石鹸さんが作った洗濯槽の洗浄剤Aについてレビューしていきます。

洗濯槽の洗浄剤Aの成分・容量・サイズ

原産国 日本製
成分 界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)、酸化剤(過炭酸塩)、 アルカリ剤(炭酸塩)、発泡調整剤・pH調整剤(重曹、クエン酸)、工程剤
液性 弱アルカリ性
用途 洗濯槽(ドラム式洗濯機 )の洗浄・除菌
内容量 130g
使用量の目安 一回につきスプーン約5杯(中身半分)
サイズ 120×185×40mm

洗濯槽の洗浄洗剤は大きく分けて酸素系塩素系がありますが、木村石鹸の洗剤は『酸素系』です。

酸素系と塩素系の違い

塩素系の特徴(カビキラーなど)

  • 汚れや細菌を分解する高い殺菌能力がある
  • 長期間掃除していない時や頑固なカビ汚れがあるときに効果的
  • 強い洗剤なので手肌が荒れたり、使い方によっては洗濯槽を痛める
  • ツンとした匂いがする

酸素系の特徴(木村石鹸の洗剤はコレ)

  • 塩素系に比べると殺菌力は劣る
  • 手肌や環境にやさしい
  • ツンとした匂いがない
  • 汚れが浮いて見える

2つの違いは主にこのような違いです。

頑固な汚れがあるときは酸素系の洗剤では落ちないことがあるので『塩素系』の洗剤のカビキラーなどが最適です。

しかし、塩素系は強い洗剤なので手肌が弱い・アレルギー持ち・赤ちゃんがいるご家庭などは『酸素系』がおすすめです。

洗濯槽の洗浄剤Aの使い方

※洗濯槽洗浄コースがある場合は、洗濯機の取扱説明書どおりに使用してください。

以下、汚れている部分の写真等がありますので苦手な方はご注意ください。

[timeline title=”洗濯槽の洗浄の仕方”]
[ti label=”STEP01″ title=”ドラム内に水を溜め、洗剤を入れる”]
木村石鹸 洗濯槽の洗剤1

  • 標準コースを選択し(乾燥は×)ドラム内に水を溜める。
  • 水がたまったら、半分の量(付属スプーン5杯)を入れ再度運転する。

[/ti]
[ti label=”STEP02″ title=”2、3時間放置し、運転を再開させる”]
木村石鹸 洗濯槽の洗剤2

5分運転させたら一時停止し、2~3時間放置する。

その後、運転を再開し排水までしたあと、洗濯槽の洗浄のため標準コースで1〜2サイクル運転する。

[/ti]
[ti label=”STEP03″ title=”★洗濯槽の掃除完了★”]

これだけで掃除完了です![/ti][/timeline]

写真でもわかるように、泡立ちがよくいろんな汚れが浮いてきます!

運転中の様子は、実際に動画を撮ってみました!

変な匂いもせず、運転を再開したらあとは洗濯機に任せるだけなのでお手軽に掃除ができちゃう点もいいですね。

実際に洗濯槽の洗剤Aを使ってみた感想

<良かったと思う点>

  1. 泡立ちがよく、汚れが浮いて見える
  2. 洗い終わりも、ツンとした独特な匂いもなく優しい
  3. パッケージがおしゃれで置いていてもかわいい
  4. チャックがついていて保管がしやすい
  5. 計量スプーン付きなので計測しやすい

デメリットはほとんどなかったのですが、しいて上げるとしたら

  • 洗剤投入時に粉が舞う
  • ドラッグストアなどでは売っていない という点でした。

結構、粉が舞ったので洗剤投入時は換気をし、顔から離して使うことをおすすめします。

市販では身近になかなか売っていないのですが、公式サイトは品揃えが豊富で在庫切れもほとんどありません。

洗剤の詳細をみる

ドラム式以外では使えないの?

洗濯槽の洗剤Aはドラム式専用の洗剤となっています。

二層式や全自動洗濯機をご利用の方は『洗濯槽の洗剤B』になります。

原産国 日本製
成分 界面活性剤[純石けん分(脂肪酸ナトリウム)]、酸化剤(過炭酸塩)、アルカリ剤(炭酸塩)、水軟化剤(ニトリロ三酢酸塩)
液性 アルカリ性
用途 洗濯槽の洗浄・除菌
内容量 300g
使用量の目安 1回300g (全量)
サイズ 150×185×70mm

こちらはドラム式の洗剤の二倍以上の量が入っており、一回の洗浄で全量入れます。

同じ酸素系洗剤で手肌・環境に優しいことは変わりありません♪

ドラム式じゃないタイプをお使いの場合は『洗濯槽の洗剤B』を使ってみてくださいね。

公式サイトで詳しく見る

木村石鹸の製品はどこで買える??

販売している実店舗一覧を調べてみると、27都道府県とオンラインショップのみの販売でした。

→ 取り扱い店舗一覧はコチラ

上記の店舗に3店舗くらい行ってみましたが、どこも数品置いてあったりする程度。

洗濯槽の洗剤を取り扱ってないところもあり、品ぞろえは決していいとは言えないところが多かったです。

木村石鹸の洗剤シリーズは、公式のオンラインショップにいつも在庫が揃っているのでそちらで買うと便利ですよ♪

そんな細かいところの洗浄剤まで!?という驚きの商品に出会えますし、ギフト用もあるので贈り物にも最適。一度ぜひのぞいてみてくださいね。

https://shiki-san.com/2020/01/06/kimura_sekken_ohuro/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる