保育

子供がご飯を食べない理由は何?好き嫌いが多く子どもの栄養面が心配…。

こんにちは。元保育士のシキ(@shiki_no_blog)です。

私は以前0・1・2歳児のクラスの担任の先生をしていました。

その時に、よく相談をされたのが「子どもがご飯を食べてくれない」という相談。

 

今回は、ご飯を食べてくれない要因と言われている事例と、少食・偏食で栄養面が気になるお子さんへのオススメの商品をご紹介します♪

子どもが食べてくれない理由7つ

子どもが食べてくれないという行動って、いろんな要因があるんです。

気分の問題から、環境の問題まで。

どのような要因があるのでしょうか?ここでは7つご紹介します。

①食事中のテレビ

子どもはテレビが大好き。3食よりも、アンパンマン。

テレビがついていると、食事をしている手が止まってしまいますよね。

夢中になって食事の手が止まっている間は、噛む回数も、食べる速度も遅くなってしまいます。

噛まずにぼーっと見ている時間、実はどんどん血糖値が上がって満腹感を感じていくんです。

そのため、テレビに集中し終わっていざ食べようとすると「もういらない」という結果に。

少ししか食べてないのに?と疑問かもしれませんが、子どもはそれで満足してしまっています。

②親が、食事中の子どもへの関心が薄い

逆に、お母さんがテレビに夢中。スマホをチラチラ見ながら接している。旦那さんと話していて子どもへの注目が薄れるなど、子どもに注目していないことも要因の一つなんです。

子どもは、お母さんが見てくれて「おいしいね」「一つ食べれたね(褒める)」と相互関係が出来たうえで食事をすることで食べ物への関心が少しずつ芽生えます。

逆を言うと、親が子どもを見ていないと子どもにとっては一方的に「食べる」という作業になってしまいます。そこに「美味しい」「楽しい」などの感情が芽生えてきません。

あまり親が食事中に関心がないと、気を引こうとわざとこぼしたり、足をテーブルに乗せてみたり、食器を投げてみたりと注目行動がみられるケースがあります。

子どもの注目行動とは、親の気をひかせるために問題行動を故意的に起こすことを言います。そうすると「何してるの!」と気をひかせることが出来ますよね。

子どもに食べ物の関心を持たせるためには、子どもへの関心も重要なのです。

③食べ物の量が多すぎる

子どもにとって「全部食べることが出来た!」ということは達成感につながります。

まずは、少なめに盛ってみること。本当に少食の子や、好き嫌いのものであればほんのひと切れだけでいいです。

「多く盛ってあるおかず」から一口は食べなさい。よりも、

「たった一口ぶんだけ盛ったおかず」を一口食べて完食すること。

一口分を完食するだけで目でもお皿の上のおかずが全部なくなったことがわかります。「全部食べた!」と自信につながることも♪

「少しの量を完食しただけ」という事実だとしても、「全部食べれるからおっきくなれるね!」「かっこよくなれるね!」と一緒に喜んでみましょう!

④味の問題

保育園に勤務していた時に、こういうことを相談されたことがあります。

「私の手作りは食べないのに、キューピーのベビーフードは食べるんです…」

子どもって、自分が気に入らない味ってすぐ拒否しますよね。いらなーい!って(笑)

そこで提案したのが「娘さんが好きなベビーフードを研究して味を似せてみる」です。

お母さんが実際に試してみた結果「娘が好んで食べるベビーフードよりも、自分の味付けの方がだいぶ薄かった」とのこと。

味を少しだけ濃くすると「おいしい」と前よりも少し食べてくれたんだのだそうです!

何か好きな食べ物がある場合は、味の研究をしてみるのも手かもしれませんね。

⑤見た目の問題

見た目が「野菜」と分かると、食べようともしない。あるあるですね。

子どもにとっては苦かったり、食感が独特だったりと苦手意識が強かったりします。

かぼちゃとか、さつまいもとか甘めのものは人気ですよね。

 

私が働いていた保育園の給食で出ていた、ある野菜をうまく使ったメニューは大人気でした。

そのメニューは「夕焼けご飯」です。

 

人参をフードプロセッサーにかけて細かくして、お酒や醤油・おだしで炊き込んだ人参炊き込みご飯です♪

人参嫌い!!という子もこのメニューはパクパク食べていましたよ。

「人参」というと食べなくなっちゃうかなと思って私は「わー!今日はオレンジ色のごはんだ!キレイだね♪美味しいね♪」と声掛けしてました(笑)

人参嫌いのお子さんをお持ちのお母さん、お試しください…!

レシピを調べてみるとありました!

ゆうやけごはんってうちの保育園のオリジナルかなと思ってたんですが、クックパッドにレシピあるんですね。全国の保育園で出るのかな?

https://cookpad.com/recipe/2892928

この経験から、子どもの食事では見た目も大切!!と実感しました…!

⑥食事の雰囲気が良くない

子どもって、食べもので遊んだり食べこぼしが多かったり、イスにおとなしく座らなかったり…。

「何やってるの!いい加減にしなさい!」

「まだ食べてないの?早く食べなさい!」と怒ってしまうママ。

 

パパが

「今日のごはんは美味しくない」

「なんで今日このメニューにしたの?」と子どもの前で不満を言ったり、

会話がヒートアップし、夫婦喧嘩を目の前で食事中に始めたりなど…

ご存知のとおり、実はこどもは親の事をよーく見ています。ご飯の時間が楽しくない雰囲気だと、苦痛の時間になってしまいます。

私の家庭は親がテレビ依存で、食事中に学校であったことを話し始めると

「うるさい!!テレビが聞こえないから静かにしろ」と言われて全然食事の時間は団らんじゃなかったので正直悲しかったのですよね。

しかし、育児・家事・仕事で心の余裕がなかったり、疲れから強い口調になってしまうこともありますよね。(人間だもの)

食事中の雰囲気はどうなのか、一度夫婦で振り返ってみるのも一つの方法かもしれません。

⑦単純にイヤイヤ期。

お風呂もイヤ、歯磨きもイヤ、寝るのもイヤ!!!

そんな時期、お子さんによっては「食べるのもイヤ!」な時期です。

逆に、お風呂も歯磨きもイヤだけど、ご飯の時間は好きで食事だけはきちんととるという子どももいます。イヤイヤ期も十人十色です。

食事も気分によってはパクパク食べたり、全く食べなかったり。イヤイヤ期には気分によって食べムラがあることも多いのです。

9か月で歩く子・1歳3か月で歩く子がいるように、発達も様々。

食べてくれるときに食事の時間を楽しい時間にすることから、始めてみましょう!



食への関心を高めるために食育も大切!?

赤ちゃんのころだと難しいですが、ある程度大きくなってからは、

  • ベランダで野菜を育ててみる(プチトマトなど)
  • 畑にお散歩に行ってみる
  • いちご狩りなどに行ってみる
  • 親子で参加できそうな食のイベントに行く
  • 一緒に簡単な料理をしてみる
  • 食べ物に関する絵本を読む

など、「食べる行為」に限定せずに「作る」「楽しい経験をさせる」などの食育に力を入れてみると、少しずつ関心が高まるというパターンもあります。

料理って言っても…包丁は不安。という方も、レタスをちぎってお皿にのせるだけでもサラダができます!簡単なものだと2歳くらいから出来ちゃいます♪

お世話好きなお子さんだったら、野菜を育てるのもオススメですよ。

種から蒔いて、芽が出てきて、トマトの実ができた…!と毎日お世話をする楽しさから少しずつ関心が出るかもしれませんね!



それでも全然食べてくれないこともある。やっぱり気になるのは栄養面。

子どもにはどうやら「食べたいスイッチ」がある様子。

  • 「2年間、ほぼご飯とみそ汁しか食べなかったけどいきなり食べるようになった」
  • 「3歳までは全然食べない子だった」

という話を聞くぐらい、短期間で食べるようになることが難しいケースも多く、数年単位で根気強く様子を見ていくケースも多いのです。

そうはわかっていても、『子どもが少ししか食べない』『野菜食べないけど大丈夫かな』『魚も牛乳も嫌いだけどカルシウムって摂れてる…?』

栄養面、気になりますよね。

子ども用の栄養サプリでおやつ感覚で栄養が摂れる!

栄養が気になっているお母さん。子ども用の栄養サポートサプリがあるのをご存知ですか?

「mog」という商品で、なんとこども専用の栄養サプリなんです!



「mog」のここがすごい!

  • 子どもに必要な栄養22種類が豊富な総合栄養タブレット
  • 歯医者や薬局、小児訪問介護など各医療機関で導入されている
  • 合成甘味料や特定原材料27品目を不使用!
  • 子どもサプリ初のキッズデザインアワード2017を受賞
  • おいしいパイナップル味!
  • 安心安全、国産原料のみ使用!
  • もしもの誤飲時のことを考えて、気道を塞がないドーナツ型

開発者は小浦ゆきえさん。公式サイトによると、息子さんがミトコンドリア病は6万人に1人の発生率の難病だということがわかり、開発を始めたとのこと。

息子さんはエネルギーを作りだすことが難しいことと、食が細く、食事だけで必要な栄養を満たすことが難しい状況である状況。どうしたら栄養面をサポートできるか…?

そんな思いから誕生した小児栄養サプリ「mog」

味はパイナップル味で、パインアメの味に似ています♪

ミントのようなすーすーした感じでは全くなく、トローチのような薬の味でもありません!とても美味しく食べれます!

もし苦手な味だった場合も、美味しく食べる方法が公式サイトに載っています!噛むのが難しい子も、あらかじめ溶かしてから食べたりもできるようです!

ご飯は食べないけど、栄養がおやつで摂れるのであればお母さんの心配がひとつ減りますね。

 

アレルギーやこだわりの強さで栄養が偏っているお子さんにもオススメ!

好き嫌いで栄養が偏っているお子さんはもちろん、アレルギーが多く除去食で過ごしているお子さん・感覚過敏等でこれしか食べない!等の偏りがあるお子さんにもオススメです!

アレルギー児を持つ親にとって気になるのは原材料ですが、特定原材料(アレルゲン)27品目不使用・国産原料のみを使用しているのでとても安心です!

別記事でも書きましたが、私は幼少期に卵・牛乳・そば・さばなど食べものアレルギーがひどく、大人になるまで偏った食事で育った子どもでした。

お母さんは常に、私の栄養を心配していましたね。20年前にはこんな商品はありませんでした。そんな母をみてきたからこそ、おすすめしたい商品です。



値段は? 購入は定期便がオススメ!

〇その都度お届け(送料無料)

一般価格(1袋) 3700円(税別)
2袋セット(2袋) 7200円(税別)

定期便ではなく、一回ずつ必要に応じて頼みたい場合はその都度お届けしてもらうとよいでしょう♪

 

〇定期お届け便特典がついてます♪)

  1. 送料0円
  2. いつでも解約OK
  3. 最大1100円OFF
毎月1袋からお届け 2700円(税別)
2か月に1回・2袋お届け 2600円(税別)

さらに、初回お試しサンプルつきで、30日間の返金保証付き♪

1100円も安くなって、返金保証もついていますので「お試しで…」と検討しているのであれば方も定期便で頼むととてもお得です!

 

公式サイトには、開発者小浦さんの栄養相談室や開発の思いなどいろんなコンテンツがありますので、ぜひこちらから公式サイトを見てみてくださいね!購入もこちらからできます♪