歯のこと

妊娠中なのに歯が痛い…。虫歯治療や麻酔の影響は大丈夫?

妊娠中歯が痛い

こんにちは、シキ(@shiki_no_blog)です。前職は歯科に勤めていました。

「妊娠中に歯が痛くなってしまった…。でも歯の治療ってできるのかな?」

妊娠中は色んな体調の変化もあり、不安いっぱいですよね。

  • 妊娠中だが、歯が痛くなった・虫歯がある
  • 妊娠中はなぜ虫歯になりやすいのか知りたい
  • 歯医者に行こうと思っているが妊娠中なので不安がある
  • 麻酔やレントゲン、薬は大丈夫か気になる
  • 虫歯だらけだと胎児に影響はある?

以上のような悩みがある方にオススメ記事です!

虫歯は放っていくと痛みは取れても、悪化する一方で勝手に治ることはありません。

この記事を読むと、妊娠中のお口の変化から治療のことまでわかりますので是非歯医者さんに通おうか検討中の方は参考にしてくださいね。

妊娠中はなぜ虫歯になりやすい?お口の変化について

妊娠中は主に、お口の中で3つの変化が起こります。

①つわりにより歯磨きができないことによる口の中の清掃状態の悪化

②唾液が酸性にかたむくことによって虫歯リスクが高くなる

③女性ホルモンが増えたことによって歯周病菌も増える

妊娠中の歯の悩みで一番最初に通るのが「つわりの時期の歯磨き」です。

普段毎日歯磨きをきちんとしている人でも、つわりで歯ブラシを口に入れることが困難だったり、歯磨き粉のにおいや味が受け付けなくなる等の症状が始まります。

また、妊娠中はホルモンの変化によりお口の中の唾液の性質が変わったり、歯周病菌も増える傾向にあるため虫歯になりやすいといわれています。

つわり時期のお口のケアについては別記事に詳しく書いていますので、是非合わせてお読みください。

妊娠したら、歯が悪くなりやすい?妊娠中のお口の中の変化について。こんにちは。シキ(@shiki_no_blog)です。妊娠中はつわりが起きたり体重が増えたりと様々な体の変化が起こります。 同じよ...

妊娠中なのに歯が痛い…治療はできる?

妊娠中に歯が痛くなってしまった…。

妊娠中って治療できるの?麻酔は大丈夫?薬は飲める?レントゲンは…?

とっても不安になりますよね。実際に妊娠中に治療に来られる患者さんはとても不安な気持ちで来院されます。

一つずつ、妊娠中の歯医者での治療についてお話していきますね。

妊娠中の虫歯治療はいつから?いつまで可能?

妊娠初期は、つわりなどもあり虫歯治療が負担になるので痛みがあったとしても応急処置になります。痛みや腫れがある場合、いったん応急処置をして本格的な治療は安定期に開始します。

基本的には母体や赤ちゃんへの影響を考えて治療は安定期から。期間で言うと5ヵ月から7ヵ月の間です。この頃になると一般の虫歯治療が行えます。一部の痛み止めや抗生剤も使えますし、麻酔も使えますので治療に一番適した時期です。

妊娠後期(8か月以降)になると、おなかが大きくなりイスに座って仰向けの体勢での治療が大変な時期。早産などのリスクもありますので処置は応急処置でとどめておき、出産後に治療となる場合が大半です。

「出産後に治療」と言われていて、出産後に行くつもりでいたけれど育児に追われて結局歯医者に行くタイミングを失ってしまった…という場合も実は多いのです。

一番良いのは妊娠前に虫歯を治しておくことですが、妊娠前に気を付けていてもつわりの時期などでお口の状況が悪化する場合も多いのが現実。

もし妊娠中に痛みや虫歯がある場合は安定期に治療に行き、安心して出産に臨めるようにしましょう。

妊娠中の虫歯治療に使う麻酔について

虫歯の治療に使われる麻酔は、分娩の時に使われるものと同じものを使用していますので赤ちゃんへの影響はありません。

しかし麻酔は大丈夫とは聞いていても、どこかで不安を感じており麻酔をして気分が悪くなったという人もいます。

緊張や不安があると「交感神経」と言って車でいうとアクセルのような働きをする神経が活発に働くため、脈が速くなったり血圧が一時的に上がったりする場合があります。ドクドクと脈を打つような感じになるのもこのためです。

麻酔の成分としては妊娠中の投与は問題はありませんが、緊張や不安で体調不良が起きる場合がありますので、その時は遠慮なく先生に伝えてくださいね。

妊娠中の虫歯治療でレントゲンは撮ってもいい?

歯科のレントゲンの撮影は、口の中の限定的な部分の撮影に限られています。撮影する部分はお腹から距離が離れていますし、狭い部分の撮影になりますので母体や赤ちゃんへの影響は少ないです。

また、撮影時には防護衣とよばれるX腺を遮断するための撮影用エプロンを必ず着けてからの撮影になっていますので赤ちゃんへの影響はほとんどありません。

不安な場合は、治療の程度によってはレントゲンを撮らずに行なえることもありますので先生に相談してみてくださいね。

妊娠中って痛み止め飲んでもいいの?

痛み止めの中には、妊娠中飲んではいけない薬があります。例えば、強い痛み止め。ロキソニンやボルタレンなどが比較的よく聞く痛み止めですね。特にボルタレンは過去に死産の報告例があり妊娠中の使用は禁じられています。

歯科では妊娠中の治療ではカロナールが処方されます。この薬は、喘息を持っている人や子どもにも処方することができる比較的弱い痛み止めです。

なにより痛み止めを使う状況を作らないに越したことはありません。痛みがある場合はやむなく使用することになりますが、正しい使い方をして適切に服用することが大切です。

妊娠中の痛み止めは飲んではいけないものも多いですので、独断で市販の鎮痛薬を飲むことは危険。歯医者に通うことが難しくて市販の薬を使用したい場合は、購入するところの薬剤師や医師に必ず相談してから購入してくださいね。



妊娠中の虫歯は胎児に影響はある?

妊娠中は、エストロゲン・プロゲステロンという女性ホルモンが増えることで虫歯になりやすい。では、虫歯になったら赤ちゃんへの影響は?

結論としては、悪化して重度の歯周病等になると低体重児や早産のリスクが高まります。

口の中の歯周病の細菌が多く炎症がひどくなると、それを抑えようと「プロスタグランジン」という炎症性物質がつくられます。

このプロスタグランジンは、実は陣痛の時に分泌される物質と同じなんです。

この物質は、分娩時に子宮の収縮を促す働きがあります。歯周病が進み、重度になるとこの炎症を抑えようとプラスタグランジンが作られてしまうため子宮を収縮するのを促してしまい、早産になってしまう可能性が高まります。

調査結果で、お母さんが中等度から重度の歯周病にかかっている場合は、歯ぐきが健康な人に比べて7.5倍も低体重児を出産しているとのデータがあります。

このようなデータから、虫歯や歯周病と妊娠は密接に関わっていることがわかりますね。

妊娠したら歯医者に母子手帳を持っていこう

妊娠したら、必ず母子手帳を持参してください。そして、受付や担当の先生に必ず妊娠中であることを伝えてください。

母子手帳には母子の状態や経過など、歯科治療に必要なことが書いてあります。情報を医師と共有しておくことで自分の安心感にもつながるのです。

母子手帳には歯科検診の記入欄があります。歯の図や表が記載してあり、歯科衛生士さんや歯科医師が現在のお口の状態を書いてくれます。

自治体の母子手帳によって違いますが、おおよそ虫歯や歯茎、歯の汚れの状態などがそのページで分かります。

アドバイスをくれることも多いですので、困っていることや磨けていないところは聞いて予防に努めましょう!

体調に変化があるときは、遠慮なく先生に伝えよう

また、妊娠中は時期によってつわりであったり、お腹が大きくなって姿勢がきついなどその時によって体調も違います。

患者
患者
お腹が大きく姿勢がつらいです…。イスの角度って調整してもらえますか?
先生
先生
では起こし気味の体勢で治療しましょうか。イスを調整しますね。きつかったら言ってくださいね。

このように配慮をしてくれますので、無理をせずほんの少しでも体調に変化がある場合は念のために先生に伝えておきましょう。



妊娠中の虫歯治療まとめ

  • つわりやホルモンの変化により虫歯になりやすくなる
  • 妊娠時期によっては通常と同じ治療ができる
  • 痛み止めなどは飲めない薬があるので注意が必要
  • レントゲンや麻酔は大きい問題はない
  • お口の中の環境の悪化は早産などに影響する
  • 妊娠したら母子手帳を持っていくと良い

タバコやお酒をやめた…!葉酸のサプリを摂りはじめた!

妊娠がわかったら赤ちゃんを迎えるために様々な準備を始めます。

健康に育ってほしい。健康に生まれてきてほしい。願うことは皆同じです。

虫歯や歯周病も、早産や低体重で生まれてくるリスクを高めます。妊娠中に気を付けることの中でもお口の中のことは意外と見落としがち。

あなたのお口の中の状態は準備バッチリですか?あわせてお口のケアの記事も是非お読みください!

妊娠したら、歯が悪くなりやすい?妊娠中のお口の中の変化について。こんにちは。シキ(@shiki_no_blog)です。妊娠中はつわりが起きたり体重が増えたりと様々な体の変化が起こります。 同じよ...