歯のこと

妊娠したら、歯が悪くなりやすい?妊娠中のお口の中の変化について。

こんにちは。シキ(@shiki_no_blog)です。妊娠中はつわりが起きたり体重が増えたりと様々な体の変化が起こります。

同じように妊娠によるつわりや食生活の変化、ホルモンの増加に伴いお口の中の環境も変わるのです。つわりがあって磨きたくても、磨けない…つらいですよね。

こんな方にオススメ
  • 現在、妊娠中の方
  • 今から子どもを考えている
  • 妊娠中のオススメのケアグッズを知りたい
  • 妊娠と歯周病の関係について知りたい

妊娠中のお口の環境やその対処法のヒントなど知っておいてほしい情報を記載していますので是非ご夫婦でお読みください♪

妊娠中のお口の環境はどう変わるの?

①つわりにより歯磨きができないことによる口の中の清掃状態の悪化

②唾液が酸性にかたむくことによって虫歯リスクが高くなる

③女性ホルモンが増えたことによって歯周病菌も増える

大きく分けて、この3つです。一つずつ解説していきますね。

①妊娠中のつわりで歯が磨けない。

まず妊娠初期で歯について困ることの一番の要因はこちらです。

歯磨き粉の味やにおいが無理、歯ブラシを口の中に入れると吐き気がするなど「磨きたくてもみがけない」という状態が続きます。しかし、何か対策をとらなければお口の中の環境は悪くなる一方です。

・食後に水うがいをする

歯磨き粉や歯ブラシがどうしてもだめな場合、一番有効なものが食べた後にその都度水うがいをすることです。

ぶくぶくと水でうがいをするだけでも、食べかすなどがお口の中に残ったまま歯が悪くなっていくことを防ぐことができます。

また、本来唾液は自浄作用といって歯や歯間に付着した食べかすやプラーク(歯垢)を洗い流す効果があるのですが、妊娠中はホルモンの増加やつわりなどで唾液の性質が変化し、自浄作用が弱くなります。

そのため、唾液の洗い流す効果が薄くなっているので食後に水でうがいをすることで、食べかすを洗い流すことができます。もちろん歯磨きのように、細かいところの汚れはとれませんが、磨かないよりも良いことです。

もし気分が良くなれば、洗口液(マウスウオッシュ)も併用していくことをおすすめします。オススメ洗口液はこちらです↓

コンクールF 100ml 1個【コンクール】
created by Rinker

コンクールは、夜寝るまえにコップの水に数滴いれてぶくぶくうがいをするだけでなんと寝ているときの歯周病菌の動きを止めてくれるという優れものの洗口液!

歯科で働いていた時に、菌にコンクールをかけた状態を顕微鏡で見たことがあるのですが、本当に動いていた菌がピタッと止まっていて感動しました!

実際に目で見て実感したのでそれからずっと私も使用しています。

・小さな歯ブラシで磨いてみる

いつもの歯ブラシが難しい場合、子ども用の歯ブラシを使ってみるのも一つの方法です。ヘッド(歯ブラシの先の部分)が小さいほうがつわりの時期は磨きやすいと言われています。

つわりの時期でも、気分がいい時には歯ブラシを使って清掃することが望ましいです。歯磨き粉の味やにおいがダメな場合は、水だけで歯磨きするだけでも大丈夫です。

市販のキャラクターものの歯ブラシは意外とかための歯ブラシが多いです。妊娠中はお口の中が出血しやすかったり歯肉炎になりやすいので柔らかい歯ブラシを私はお勧めします。

私のオススメ子ども用歯ブラシはこちらです。

歯肉を傷つけにくい加工がしてあり、仕上げ磨き用なのでヘッドが小さめでオススメです。

②唾液が酸性に傾き、虫歯リスクが高くなる

何かを食べたり飲んだりすると、食べ物や飲み物の酸やお口の中の細菌が出す酸によってお口の中が酸性に傾き、歯から成分が溶け出しやすい状態になり虫歯のリスクが高まります。

そのため、お口の中が酸性になる=歯が悪くなりやすいということ。

妊娠中は、つわりによって吐くことを繰り返したり、食べ物の好みの変化(すっぱいものしか食べれないなど)や歯磨きができないことにより酸性になりやすいのです。

ホルモンバランスの変化や心理的ストレスで唾液の分泌が低下することも多く、唾液の性質の変化によって汚れを洗い流す力も落ちるので虫歯リスクや歯ぐきなどが悪くなります。

唾液の分泌を簡単に増やす方法は、キシリトール入りのガムを噛むことです。キシリトールは、甘味料ですが砂糖とは違い虫歯菌の栄養源となりません。このガムはお口の中を酸性にする成分が入っていません。

私が一番オススメのキシリトールガムはこちらです。

このガムはむし歯の原因となる酸をつくらない食品素材で、北海道産じゃがいも由来のカルシウム成分が入っているのが主な特徴。味が長持ちするので長い間、かむことができるのでだ液が出やすい構造です!

味はストロベリー、ミント、マスカットの3種類です。私は一番マスカットが好きです。子どもと一緒に食べるのであれば、ストロベリーがオススメです。私が働いていた歯科医院でも一番売れていたのはマスカットでしたよ♪

こちらのガムは基本的には歯医者さんでしか売っていません。

使用方法としては、食後に2粒噛むだけで良いです!お子様の虫歯予防にもオススメ!

③女性ホルモンが増えたことによって歯周病菌も増える

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性の疾患です。

歯と歯肉の境目の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(よごれの蓄積)歯肉のまわりが「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)

日本臨床歯周病学会HPから一部引用

妊娠中は、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の増加に伴い、歯周病菌も増加します。そのため、歯周病のリスクが高まります。

また、ホルモンバランスの変化やつわりによる不十分な歯磨き・食生活によって引き起こされる歯肉炎(歯茎が腫れる・出血するなど)を妊娠性歯肉炎と言います。

歯周病が重度になると、歯がぐらぐらしてくるなどの症状も起こってきます。歯周病はお腹の赤ちゃんにも影響が出てくる場合があることをご存知ですか?



・歯周病による赤ちゃんへの影響って?

妊娠中に歯周病になってしまうと影響を及ぼすのは母体だけではなく、胎児や出産に悪影響を与える可能性があります。

歯周病の細菌がお口の中にたくさんいて炎症がひどくなると、それを抑えようと「プロスタグランジン」という炎症性物質がつくられます。

このプロスタグランジンは、実は陣痛の時に分泌される物質と同じなのです。

この物質は、分娩時に子宮の収縮を促す働きがあります。歯周病が重度の場合、炎症を抑えようとこのプラスタグランジンが作られてしまうため子宮を収縮するのを促してしまい、早産になってしまう可能性があります。

調査結果でお母さんが中等度から重度の歯周病にかかっている場合は、歯ぐきが健康な人に比べて7.5倍も低体重児を出産しているとのデータがあります。それぐらい、歯周病は母体に影響があるのです。

歯医者さんにも検診やクリーニングに行きましょう!

普段の歯磨きだけでは、口の中の汚れを十分に落とすことはできません。歯の汚れが蓄積し、唾液の成分と固まってしまうと「歯石(しせき)」と呼ばれるものになり、歯ブラシでは取れず、歯医者さんで取り除いてもらわなければなりません。歯石も歯周病の原因です。

受診の際は母子手帳を持参し、受付で妊娠中だということを伝えておいてください。母子手帳にもお口の健康の欄がありますので、そちらに検診結果を記入してもらえます。

妊娠中にかかる歯医者さんは予防歯科に力を入れている歯医者さんがオススメ。

予防歯科に力を入れている歯医者さんは、妊娠中のメンテナンスの大切さなどきちんと説明してくれるところも多いです。また、「つわりがつらい」「お腹が大きくなって体勢がきつい」なども伝えておくと、配慮してくれますので心配なことがあれば遠慮なく伝えた方が良いですよ。



妊娠中の歯についてまとめ

  • 妊娠中はホルモン増加等でお口の環境が変わる
  • つわりで歯磨きが難しい時は、水うがいでも良い
  • つわり時は小さめの歯ブラシが普通の歯ブラシより磨きやすい
  • お口の中が酸性になると、口の中の環境が悪くなる
  • 歯周病は進行すると母体や赤ちゃんに影響してくる
  • 歯医者さんでの検診でさらに予防していくことがオススメ

歯周病菌は感染症です。ペットボトルの飲みまわしや親子間のスプーンの共用でも感染します。母親や父親の口腔内の環境が悪いと、子どもが虫歯になる確率もあがることがわかっています。

歯科衛生士
歯科衛生士
子どもの歯を守るためにもお口の中の環境を整えることは大切なんですよ♪

大切なのは、妊娠する前や妊娠した後からきちんとお口の中の環境を整えて予防することです。生まれてくる大切な赤ちゃんのためにも、出来ることからしっかりと予防していきましょう。

妊娠中の治療についての記事も是非、合わせてお読みください。

妊娠中歯が痛い
妊娠中なのに歯が痛い…。虫歯治療や麻酔の影響は大丈夫?こんにちは、シキ(@shiki_no_blog)です。前職は歯科に勤めていました。 「妊娠中に歯が痛くなってしまった…。でも歯の治...