歯のこと

親知らず抜歯レポ!痛みや費用、抜歯後はどうだった?

こんにちは。シキ(shiki_no_blog)です。歯科医院で5年勤めていました。

先日、親知らずを抜歯してきました。親知らずの抜歯ってなんか怖いイメージありますよね。

痛そう、大変そう、腫れそう。いろんな不安があるかと思います。

これから抜く方の参考になればと体験をまとめてみました!

私の親知らずの部位と生え方

私の親知らずは、上下左右の合計4本ありました。

→きれいにまっすぐ(簡単にぬけるらしい。)

左上→あるけどまだ埋まってる(痛みなどないため様子見)

右下→変な方向を向いて埋まっている(触っちゃうと歯茎切開したり抜くの大変そうなので経過観察)

左下→頭が出かかっている(今すぐ抜く必要なし。経過観察)

という生え方をしていました。

今回抜歯をしたのは、右上の親知らずです。生え方はまっすぐきれいに生えています。

特に痛みもなかったのですが、歯ブラシで磨きづらく隣の歯の虫歯リスクが高まるという点で抜歯することにしました。

抜歯経験がない人は上から抜くのがオススメ!

親知らずの抜歯は上と下だと、上の抜歯の方が顎の骨が柔らかく抜きやすい&比較的痛みが出にくいと言われています。

状態によっては抜いた後に縫合するのですが、上の抜歯で簡単なケースは縫合もしません。

逆に下の歯は、骨が上顎に比べて硬く、生え方によっては(埋まっているものなど)歯茎を切ったり、分割して抜いたりします。この場合は数日~1週間ほど強い痛みや腫れが出ることがあります。

そのため、下から抜くと「大変だった…怖かった。痛かった」という気持ちが大きく残る可能性があります。親知らずを抜いたことがない人や歯医者さんが苦手な方は上からまず抜いてみることをお勧めします!



抜歯の流れ~実際に抜いているときの様子

あくまで「私が通っている歯医者さんでの、まっすぐキレイに生えている上の親知らずの抜歯」の体験談です。

下の親知らずはもっと難しくかかる時間も長かったり、痛みがあったりします。生え方はひとそれぞれであり、病院や先生によっても少しずつ違いますのでご参考程度にお読みください!

1日目~抜歯の相談

全体的な大きいレントゲンを撮った日に、先生から親知らずについての説明がありました。

親知らずの生え方の説明、抜いたほうがいい理由など教えてもらいました。

冒頭でもお話ししましたが私の場合は、歯ブラシで磨きづらく隣の歯の虫歯リスクが高まるという点で抜歯することになりました。

 

医師は抜歯の提案はしますが、抜くか抜かないかの最終判断は患者さん自身です。

その場で決めることができない場合は「次回までに考えてきます」と一言いえば大丈夫ですよ。今絶対決めないといけない!というわけではありません。

不安や疑問などがあればこの時に質問しておけば、少し安心度が上がります。費用や痛み、腫れる可能性やかかる時間などわからないことは聞いていたほうが良いと思います!

ちなみに親知らずの抜歯はクリニックにもよると思いますが、カウンセリングやレントゲン撮影、相談など初日は抜かないことも多いです。緊急性がある場合は来院当日抜くことも。

腫れや痛みがひどい場合は麻酔が効きづらくなるため、抗生物質をその日に処方されて次回抜歯というケースもあります。

2日目~いよいよ抜歯!

抜歯の様子

イスに座ると最初に「ここの歯を抜きますね。」とレントゲンを見せてもらいながら確認。

その後はまず、①表面麻酔(ジェル状のもの)を塗られて数分待ちました。表面麻酔は、歯茎の表面に塗り、注射の針を刺すときに痛まないように痺れさせる効果があります。

じんわり痺れてくるのがわかります。

 

表面麻酔が効いてきたら②浸潤麻酔という、抜く歯の部分の歯肉に注射する麻酔を打ちます。局所麻酔です。表面麻酔を塗ったおかげで、注射の針の痛みはありませんでした。

麻酔をしてるとはいえ、あぁ。入ってきてるな…という違和感はあります。

この麻酔が苦手な人が多いですよね。注射が怖い人や体調、親知らずを抜く…という緊張から気分が悪くなる方もいるので、そういった場合は無理せず先生に申し出てくださいね。

 

しばらく経ってから先生が来て、麻酔が効いたか確認。

「効いてますね、ではちょっと横に大きい力加えますね」と一言。

③器具でグググ…と結構な力で内側に押されました。

おおっ!?と感じるぐらい結構な力で押されます。

「びっくりしましたよねー。はい終わりましたよー」

「え?もう終わり?」

先生が確認してから、ほんの5分くらいで抜けました。押されてるぅ。と一瞬思ってる間に抜けてましたね。先生すごい。内側にググッと押して脱臼したらすぐ取れちゃいました!!

抜歯後~注意事項

まず抜歯後は、しばらく噛んでいてくださいねと止血用のガーゼを噛んで少しの間待ちました。その後スタッフの方が抜歯後の注意事項の紙を持ってきて説明がありました。

  • 麻酔が切れてから食事をすること
  • 辛すぎる食べ物、激しい運動は控えること
  • アルコールも控えること
  • 熱いお風呂に長時間入らないこと
  • 強いうがいは避けること

麻酔が効いたまま食事をしてしまうと、誤って唇をかんでしまい腫れたりします。あとはお酒や長風呂など血行が良くなることは当日は控えてくださいとのことでした。

そして抜歯が終わり会計を済ませた後は、治りをよくするための抗生剤と痛み止めの処方箋を出されていたので薬局へ行きました。お薬GETしたら無事終了です!

3日目~抜歯したところの消毒

翌日に、抜いたところの消毒に行きました。

先生が来て、抜いた後変わりはなかったか?痛みはどうか?など確認した後に抜いたところをみて予後の状態をみてくれました。

「うん、経過いいね。消毒しますからねー」と消毒されてその日は終わりでした。10分くらいですぐ終わりました。

私は簡単な抜歯だったので縫合しなかったのでこの日で終わりましたが、縫った場合は糸をとるためにまた一週間後に来院する必要があります。



まとめ(感想)

以前歯科医院に勤めていましたが、自分の親知らずの抜歯は初めてでした。

自分がいざ抜いてみると、おおこんな感じか!といろいろ勉強になりました。簡単な抜歯だったので全然痛まず、抜いた後も腫れや痛みも全くありませんでした。

ご飯も普通に食べれました。しかし、しばらくは血の味がしますね…。不便なところはそのくらいでした。歯ブラシも届きやすくなり虫歯予防にもなって抜いてよかったなと実感しています!

親知らず抜こうかまだ迷っている方は、こちらの記事も参考にどうぞ。

親知らずって抜歯した方がいい?年齢は?放置するとどうなる?こんにちは。シキ(shiki_no_blog)です。歯科に5年ほど勤めていました。 親知らずの抜歯と聞くとどのようなイメージがあり...